1. TOP
  2. 04寺社コンレポート
  3. ボストン美術館展コン(名古屋)

ボストン美術館展コン(名古屋)

 東京で行われたボストン美術館展。あまりにすごすぎて半泣き状態だった、曽我蕭白(そがしょうはく)の雲竜図。あの感動をもう一度ということで、名古屋で行われる『ボストン美術館 日本美術の至宝』に突入することにしました。

名古屋ボストン美術館

 もちろん、雲竜図のほかにも平安時代の「普賢延命菩薩像」や、海外に渡った二大絵巻「平治物語絵巻」「吉備大臣入唐絵巻」、狩野探幽や尾形光琳、伊藤若冲の絵など、思わず目がくらむこと間違いなし!

 実は展示内容は前期・後期で別れており、前期の時にも企画したのですが、その時には男性参加者が集まらずに無念の中止。しかし後期展示の今回は、なぜか団体割引まで適用出来てしまうほどに参加者が集まる人気ぶり。

 前回中止した日に、私にとって今後を左右するような運命的な出会いがあったので、実はこの日は大切なことがありますよという何かのお導きがあったのかもしれません。

 しかし本当のところ、この前後期での人気の差は一体何事なのかよく分からず。まあ、とりあえず大勢でワイワイ楽しく行こうと、私にとっては初の名古屋ボストン美術館へとGOです。

企画展の看板

 そんなわけで最初に自己紹介をして、みんなで美術館へと入っていきます。そこにはずらりと並ぶ、至宝の数々。特に絵画系の充実度は目もくらむほどです。

 いやー、すごいな。日本美術。「平治物語絵巻」「吉備大臣入唐絵巻」の二大絵巻は後半部のみの展示のため、前半はどんな内容だったかを一緒に見ながらお話したり。そしてやはり雲竜図の前では足を止めて見入ったり。

 あの力強さとどこか戸惑うひょうきんさを同居させた龍のうねり。果たしてこれが人生最後の見納めになるのか。そんなことを想いながら、ボストン美術館展を後にするのでした。

秘密の懇親会

 そして懇親会は名古屋方面へと移動して、お店に入ります。

 この日、最初に盛り上がったのは大豊。野球の話です。さすが名古屋と言うか、一部で熱いトークが繰り広げられていました。

 ついでに大豊のことをネットで調べてみたら、元女優の奥さんと結婚して阪神時代の野村監督から、「(野球ではどんな球でもバットを振るのに)女の子をみる選球眼は何でいいんだ」とからかわれたとのこと。あやかりたいものですね。

 そして次に出てきたのが、伊勢の美味しいもの。伊勢うどん、赤福のかき氷、おかげ横丁の干物屋さんなど。これまた皆さん、詳しいこと。伊勢に日帰りできるというのも、うらやましい環境です。

 そんなわけで、今回は土地柄が出たと言うのか。(私が話に加わったテーブルでは)名古屋のお話でたくさん盛り上がっていました。

婚活情報
寺社コン  寺社好き男女の縁結び企画。12年間で500人以上が結婚し、主催者もここで出会った人と結婚しています。同じ趣味の人と出会えるため、初対面でも話がしやすいことが特徴です。ただし知識は不要ですが寺社に興味がない方の参加はお断りしています。
結婚相談所とは何か? 成婚率57.3%のブライダルチューリップ  結婚相談所のサービスを細かく比べると、名前の知られた大手のほとんどは入会費や月会費で稼ぐモデルになっています。会費を抑えて成婚料で収入を得る結婚相談所は入会者を結婚まで導かないと儲からず、大手より遥かに手厚いサポートが受けられます。

\ SNSでシェアしよう! /

寺社コンの注目記事を受け取ろう

企画展の看板

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

寺社コンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 空海と密教美術展コン

  • 龍雲寺写経コン

  • 荏原七福神巡りコン

  • 円空 こころを刻むコン over 40

  • 豪徳寺招き猫散策コン

  • 妙勝寺唱題行コン