1. TOP
  2. 04寺社コンレポート
  3. 久能山東照宮散策コン(静岡)

久能山東照宮散策コン(静岡)

 昨年から行っていた、静岡と仙台の寺社コン開催地投票決定戦。10対9で静岡が見事に制したため、静岡での寺社コンを企画しました。

 何か静岡らしいテーマはないかなと考え、やはり徳川家康と決まった久能山東照宮。静岡駅に集まった全員で自己紹介を行い、まずはバスに乗って久能山のふもとへGO!

 久能山の周辺はイチゴの産地でもあります。イチゴを買ってみんなで食べたりしながら、今回のメインテーマの一つ。参道の石段登り。

1159段の石段

 この石段、全部で1159段あり、よく「いちいちご苦労さん」と言われたりします。でも、ちょっと待て。これ、よく見ると「良いご縁、来るよ」とも読めるのではなかろうか。そんなわけで、勝手に名づけた縁結びの石段。元気に一歩一歩踏みしめていく方。息が切れながらも頑張って登りきった方。みんなで無事に東照宮までたどり着きました。

徳川家康の手形

 東照宮では途中にあった家康の手形と自分の手を比べたりしながら、楼門、拝殿、本殿などを参拝。赤や黒、緑などに彩られた建築物は豪華絢爛!

 「堪忍は無事長久の基」という家康の御遺訓も掲げられていました。人生は腹立たしいことにも遭遇するが、怒らずに堪忍することが身を保つ第一の策であるとのこと。

 まさしく恋愛にも役立ちそうなお言葉ですね。

 そして境内の奥まで行くと、そこには家康が埋葬された場所に建つ神廟がありました。ここはそれまでの華やかな色彩が途絶え、一転してモノクロームな世界に変わります。高さ5.5m、周囲8mの石塔を中心に、厳かな空間が広がっていました。

 そして帰り際には徳川家ゆかりの宝物が展示された博物館を見学。次はロープウェイに乗って、日本平へと渡ります。

日本武尊(やまとたけるのみこと)

 日本平ではイチゴジュースやアイスなどで一服してから、眺めの良い展望台などを散策。

 静岡周辺は草薙や焼津など、日本神話由来の地名が多く残されている神話の里でもあることから、草薙の剣を持った日本武尊(やまとたけるのみこと)像も見てきました。

 他にも恋人の聖地や野口雨情の童謡「赤い靴」の女の子像なども見て、静岡へとバスで移動。

 懇親会までちょっとだけ時間があったので、新光明寺で重文の阿弥陀如来像も拝観し、いざ懇親会場へ。

 今回も大盛り上がりでしたが、なぜか途中から人生相談に入っていましたね。「なかなか彼氏が出来ないのですが、どうすれば良いんでしょう」と。

 恋愛って本当にリアルな悩みだと思います。結ばれるかどうかで人生が180度変わる方もいる。そのためにもこれからも頑張っていきたいなと思います。

 あ、そうそう。静岡名物のバリ勝男クン。美味しかったです。静岡にいると確かに世界中で食べられている気がするほど、どこでも売られていました。ご存じない方は静岡に行ったときに探してみて下さい。

婚活情報
寺社コン  寺社好き男女の縁結び企画。12年間で500人以上が結婚し、主催者もここで出会った人と結婚しています。同じ趣味の人と出会えるため、初対面でも話がしやすいことが特徴です。ただし知識は不要ですが寺社に興味がない方の参加はお断りしています。
結婚相談所とは何か? 成婚率57.3%のブライダルチューリップ  結婚相談所のサービスを細かく比べると、名前の知られた大手のほとんどは入会費や月会費で稼ぐモデルになっています。会費を抑えて成婚料で収入を得る結婚相談所は入会者を結婚まで導かないと儲からず、大手より遥かに手厚いサポートが受けられます。

\ SNSでシェアしよう! /

寺社コンの注目記事を受け取ろう

1159段の石段

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

寺社コンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 円空 こころを刻むコン over 40

  • ボストン美術館展コン

  • 川越八幡宮で古事記を学ぼうコン

  • 成田山数息観密教座禅コン

  • 妙勝寺唱題行コン

  • 豪徳寺招き猫散策コン