1. TOP
  2. 04寺社コンレポート
  3. 東海七福神巡りコン

東海七福神巡りコン

 お正月と言えば恒例の七福神巡り。今年は東海七福神を歩きます。東海七福神は江戸時代の主要街道、東海道の面影をたどる七福神巡りで、江戸六地蔵に挙げられるお地蔵様が有名な品川寺や、狛犬研究で有名な三遊亭円丈さんが絶賛する美狛犬がいる荏原神社など、見所の多い寺社が楽しめます。

 品川神社(大黒天)~養願寺(布袋尊)~一心寺(寿老人)~荏原神社(恵比寿)~品川寺(毘沙門天・一ヶ所七福神)~天祖諏訪神社(福禄寿)~磐井神社(弁財天)と、歩くコースです。

 七福神巡りの中では、結構渋めのコースかも。でも、それだけに(?)、歴戦の寺社好きが集まっていた感がありましたね。大人数でわいわい賑わいながら、新たな年の新たなバトルロワイヤルが幕を開けました。

東海七福神

 集合は京急本線「新馬場駅」。ここから道路向かいにある品川神社に、まずは向かいます。境内で自己紹介をして、一番目は大黒天にお参り。

 大黒様と言えば日本神話の大国主命(おおくにぬしのみこと)と同一視される神様。大国主と言えば出雲大社の神様で、ご利益は縁結び。やっぱり寺社コンのスタートは、縁結びからお願いしていきましょう♪

一心寺(寿老人)

 続いて養願寺や一心寺、荏原神社など、すぐ近くのお寺もお参り。これで一気に七福神の半分を制覇してしまったことになります。幸先いいですね~。

 荏原神社では一昨年の寺社コンでも登場した美狛犬も登場。あのときはお堂が修理中で覆いがかかっていたなと思いましたが、本日はすでに修復も終わってお堂をバックに狛犬見ることができました。

 そして昼食。の、前に昼食チーム組み分け会。人数多かったので6組に分かれ、少人数での交流ランチを楽しむことに。それぞれのチームでお昼ご飯中も寺社話に(多分)華が咲き、それが終わると今度は品川寺に集合です。品川寺では取材などもありましたが、ご協力頂けた皆様。ありがとうございました。

福禄寿(天祖諏訪神社)

 その後、福禄寿のいる天祖諏訪神社へ。幸福(福)と財運(禄)と長寿(寿)をもたらしてくれる神様で、撫で仏もお祀りされていましたので、思い切り撫でて祈願しておきました。

 さらに磐井神社の弁天様をお参りし、全員無事満願。少し時間が余ったので、忠臣蔵の赤穂四十七士墓所があることで有名な泉岳寺へ。

 江戸時代の熱い忠義に想いを寄せながら、いよいよラストは懇親会場へ討ち入り。今日は本当に良く歩いたので、きっとビールが美味しいです。

 新年会は例によって、いつものごとく。すごいなー。弘法大師について延々と熱く語る男女とか。恋愛感の発表会とか。

 ちなみに合コンで好きなタイプを聞かれたときの答えとして、「フィーリングが合う人」「優しい人」と答えるのはNG回答というお話をすると、なんか皆さん食いついてきてました。

 なぜ、この答えはいけないのか。それは寺社コン参加者だけにこっそりお伝えいたします。

婚活情報
寺社コン  寺社好き男女の縁結び企画。12年間で500人以上が結婚し、主催者もここで出会った人と結婚しています。同じ趣味の人と出会えるため、初対面でも話がしやすいことが特徴です。ただし知識は不要ですが寺社に興味がない方の参加はお断りしています。
結婚相談所とは何か? 成婚率57.3%のブライダルチューリップ  結婚相談所のサービスを細かく比べると、名前の知られた大手のほとんどは入会費や月会費で稼ぐモデルになっています。会費を抑えて成婚料で収入を得る結婚相談所は入会者を結婚まで導かないと儲からず、大手より遥かに手厚いサポートが受けられます。

\ SNSでシェアしよう! /

寺社コンの注目記事を受け取ろう

一心寺(寿老人)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

寺社コンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 神田明神七夕祭コン

  • 妙勝寺唱題行コン

  • 川越八幡宮良縁祈願祭コン

  • 川越八幡宮で古事記を学ぼうコン

  • 新井薬師御開帳コン

  • 威光寺地下霊場コン