1. TOP
  2. 04寺社コンレポート
  3. 神田祭コン

神田祭コン

 この日の参加者は男性2名・女性2名。人数は少なめでしたが(それとも少なかったからこそか)、これまでで一番盛り上がったのではと思うほど、ノリの良いメンバーが集まりました。

 まず、集合は水天宮。神田祭の神幸祭(しんこうさい)は神田明神を中心に、神保町や秋葉原、人形町などを山車や神輿が周っていきます。

 このため水天宮をお参り(安産祈願は早いよ~などという声も聞こえつつ)し、神社に面した道路でお祭り見物するところからスタートです。

諌鼓山車

一番山車の諌鼓山車を先頭に、神田明神の三柱の神様(大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)・平将門命(たいらのまさかどのみこと))を乗せた神輿が通っていきます。

 途中で道の端にいた人たち(私達も含めて)にお祓いをして下さったり、神輿の後には大道芸人や獅子舞、甲冑を着た騎馬武者行列、さらにはケロロ軍曹まできたりと、賑やかでした。

 それに神田明神からは離れた場所ですので、予想通り見物する人も多くはなく、特等席で見ることができたのも嬉しい限りです。

 お祭りを見ながらみんなで話をしていると、参加者の中には(神田祭とは違う祭りで)お神輿を担いだことのある人がいました。その感想を聞くと、参加するたびに後悔するほど神輿担ぎは大変とのこと。

 でも、次の祭りが来ると、なぜかまた担いでしまうというお話に、お祭りにかける人達の情熱を見た思いがしました。

 一通り行列が通り過ぎると、今度は電車に乗って御茶ノ水へ。そこから湯島聖堂・神田明神を参拝。神田明神はお囃子の演奏や屋台・出し物など、境内は大賑わいです。

 みんなであちこちと覗いてみたり、おみくじを引いたりお守りを頂いたり。あっちをふらふら、こっちをふらふらと気の向くままに歩くのが、お祭りの醍醐味ですね!

神田明神の銭形平次

 さらに境内にあった銭形平次の記念撮影(顔のところに穴があって、そこから顔を出して写真を撮るヤツ)などをする人もいて、初対面の集団とは思えないはしゃぎっぷりでした。大好きです。こういうノリ。

神輿

 最後は秋葉原駅の近くで、威勢良く練り歩く江戸芸かっぽれや神輿を見て歩き、懇親会へ。

 神田祭の最中から賑やかだった集団でしたが、今回のメンバーはお酒好き(そのうちの一人は最強の酒豪と言っても良いのでは)が多かったこともあり、かなりたくさん飲みまくっていました。

 そして数々繰り出される伝説のトーク。二次会も終電ぎりぎりまで続いて、びっくりするぐらいの盛り上がりっぷりでした。

 さすが江戸の祭りは一味違いますね!

婚活情報
寺社コン  寺社好き男女の縁結び企画。12年間で500人以上が結婚し、主催者もここで出会った人と結婚しています。同じ趣味の人と出会えるため、初対面でも話がしやすいことが特徴です。ただし知識は不要ですが寺社に興味がない方の参加はお断りしています。
結婚相談所とは何か? 成婚率57.3%のブライダルチューリップ  結婚相談所のサービスを細かく比べると、名前の知られた大手のほとんどは入会費や月会費で稼ぐモデルになっています。会費を抑えて成婚料で収入を得る結婚相談所は入会者を結婚まで導かないと儲からず、大手より遥かに手厚いサポートが受けられます。

\ SNSでシェアしよう! /

寺社コンの注目記事を受け取ろう

諌鼓山車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

寺社コンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 寺社コン・イン・ザ・ダーク(奈良好きコン)

  • ボストン美術館展コン(名古屋)

  • 當麻寺中之坊写仏コン(奈良)

  • 愛染明王 愛と怒りのほとけコン

  • 成田山数息観密教座禅コン

  • 明治神宮散策コン