1. TOP
  2. 07婚活コラム
  3. 婚活サバイバルに巻き込まれないための、30条件の優先順位

婚活サバイバルに巻き込まれないための、30条件の優先順位

婚活の条件

婚活イベントで、いつも人気のある人ばかりに目が行ってしまう。狙った相手は逃さないハンター気質な方は良いですが、人気が集中する相手の取り合いは、サバイバルゲームです。

しかし人気がある人は誰に対しても(そして主に見た目的なもので)魅力が分かりやすいため、何も考えずに参加するとこうした相手ばかりが気になる可能性が高くなります。

そんなとき、自分の中でいくつかの基準を持っておくと、このサバイバルゲームを抜け出すことができます。そこでここでは、婚活イベントの場で様々な人からお聞きした声をもとに、みんながどんな条件を頭に入れているかをまとめてみました。

婚活前に優先順位を決めたい、相手に求める30の条件

(1)年齢

年齢は重要なポイントです。年上・年下はもちろん、何歳差までOKかを考えておくと良いでしょう。

(2)年収

主に女性が重視される条件ですが、男性にとっても相手が結婚後も働きたいか、専業主婦を望んでいるかは大きなポイントです。

(3)趣味

趣味をテーマにした婚活イベントを開いている私としてはお勧めしたい項目ですが、趣味を一緒に楽しめる相手といると、人生は豊かになります。ただ、自分の趣味には干渉してほしくないという方は、同じ趣味ではない方が良いという方もいます。

(4)食の好み

大ざっぱに言えば薄味派か濃い目が好みか。ご飯かパンか。嫌いなものはあるか? などですが、細かく挙げたら切りがないでしょう。極端な話をすれば外国の方と結婚すれば、毎日辛いものが中心になる可能性もあります。毎日楽しく、そして二人で美味しくご飯が食べられたら素敵ですよね。

(5)住まい

相手の家まで行くのに、どのくらい時間やお金がかかるか。中・遠距離になると、気になってくる要素です。また、結婚してしまえば住居は一緒になるかもしれませんが、その場合にはお互いの職場の位置であったり、相手のご両親のお住まいなども気になってくるかもしれません。

(6)容姿

容姿は重視する派としない派と、はっきり分かれる項目です。そしてしない人でもどこが許容ラインになるかは、人それぞれでしょう。見た目はまず一番最初に目につくだけに、自分の中でしっかり優先順位を決めておかないと、それだけに引きずられることがあります。

(7)性格

物静かな人か、賑やかな人か。周りをリードするタイプか、相手を立てるタイプか。一言で性格が良いって言っても、相性もありますよね。

(8)価値観

価値観の一致

相手がどんなことを大切にしているか。何を嫌がるか。信念としているものは何か。特に自分の価値観とぶつかってしまうと、人生の中で大きな亀裂を生むかもしれません。

(9)一人暮らし経験

ずっと実家暮らしをしていた人よりは、一人暮らしの経験がある方が良い。生活力や家事能力、自立心や経済力なども含めて、ある意味で分かりやすいポイントです。

(10)仕事に対する熱意

仕事に真剣に取り組まれている方は素敵です。逆に仕事に対する熱意がない方は、家庭においても困難なことから逃げ出しそうなど、仕事以外の面でも疑った方が良いかもしれません。ただ、一方で仕事漬けになり、生活のほとんどを仕事に費やしてしまう方の場合も、様々なトラブルが予想されます。

(11)休日

土日休みの人と土日こそ忙しい職業の人とは、デートするのに日にちを合わせるだけでも大変です。どうしても休みが合わない場合は仕事帰りのデートなどで工夫する必要がありますし、その場合には通常よりさらに家が近いかどうかも気になるでしょう。

(12)子供好きかどうか

将来、結婚して子供を育てるとしたら、とても大切な条件です。子供が好きかどうかによって、理想の家庭像も変わってきますし、大変な子育てを二人三脚で行えるかもイメージすることができます。

(13)動物好きかどうか

特にペットを飼っている方は、とてつもなく重要な条件になることがあります。動物全般に対する好き嫌いだったり、犬や猫、その他特定の動物への理解だったり。また、動物が好きな人は子供も好きなことが多いと言われます。直接、子供好きかを確認することが難しい場合は、動物が好きかどうかで推し量る手もあります。

(14)学歴

最近では高学歴でなければNGという方は減っていますが、それでも最低限大学卒でなければならないなど、線引きは人それぞれです。一方、相手が高学歴過ぎると引いてしまうという方も中にはいます。

(15)お金遣い

お金の使い方が丁寧かどうか。場合によっては収入以上に大切です。どんなにたくさん入ってきても、それ以上に出てしまうのなら、お金はいくらあっても足りません。借金があるかどうか、ギャンブルやブランド品が好きかなども、こうしたお金の使い方を量る判断材料になるでしょう。

(16)タバコ

タバコは人によっては絶対NGに成りうる項目です。どんなに他の条件が良くても、これだけで対象外になることもあります。ちなみに婚活イベントを開いていると、圧倒的にクレームが来やすいのはこのタバコに関することです。もちろん、気にならない人もいますし、ヘビースモーカーでなければ、目の前で吸わなければOKという方もいるでしょう。タバコのポイ捨てについても、人を見る項目です。

(17)周りへの気遣い

自分以外の相手にも気遣いができるかどうかは、その人を知る大きなチェックポイントです。例えば婚活の場で、気になる異性だけにべったりで、その他の人には一切コミュニケーションを取らない方が(たまにですが)います。また、デート中にお店の人に対する接し方で周りへの気遣いを見るというのは良く言われていることです。

(18)お酒が飲めるかどうか

お酒は一緒に飲める方が良い、飲めない方が良い、ほどほどであれば気にしないなど、どっちが良いということでもありませんが、趣向は大きく分かれます。あなたはパートナーと、どんな風にお酒を飲みたいでしょうか? それを考えてみるのも面白いです。

(19)家族構成

婚活イベントで、サザエさんのマスオさんと、クレヨンしんちゃんのお父さん(ひろし)と、自分がなるとしたらどっちが良いかを質問したところ、圧倒的にひろしに軍配が上がりました。私の知り合いで、3世帯同居に憧れているという方もいましたが、どちらかと言えば少数派です。結婚後に同居するかしないかは、大きな選択肢になりそうです。

(20)過去の恋愛経験

相手の過去の恋愛経験は男女差もありますが、多すぎても少なすぎても敬遠される人が多いようです。一方、まったく気にしない人もいますし、どちらか一方だけちょっと考えるという方もいます。

(21)適度に柔軟な人

あまり軽い人も問題ですが、まじめ一辺倒な人も付き合いづらいという方はいます。初対面の婚活の場では控えた方がよいでしょうが、仲良くなってもちょっとした下ネタすらピリピリとした空気が漂う相手は、関係を深める上で大変かもしれません。

(22)好きになる相手/好かれる相手

お互いに両思いであれば何の問題もないでしょうが、そう簡単にパズルのピースが合わないのも恋愛です。自分が好きになった相手でなければだめなのか、それとも自分を好きになってくれる相手の方が良いのか、これも人によって判断が分かれる項目でした。

(23)結婚願望

例えばすぐにでも結婚をしたいのか、それとも何年か経ってから結婚したいのか。相手の結婚に対する想いも、重要な項目です。

(24)自分の状況に対する理解

何か特別な状況に置かれている方にとっては、大切なことです。例えば家業があって継がなければならない、何かの病気を患っている、転勤が多かったり海外勤務の可能性があるなど、これらは人によって相手を選ぶ基準になるでしょう。

(25)常に笑顔でいる

常に笑顔!

どんなにイケメンや美人でも、不機嫌な表情をしていたら魅力半減です。それよりも常に笑いが絶えない人は、周りも明るくしてくれます。相手の笑顔がステキかどうかは、あなたの中でどの程度大切な要素になるでしょうか?

(26)口げんかで勝てそうな(もしくは負けない)相手

口が達者で喧嘩すると必ず負ける相手は、長く付き合うと精神的にストレスがたまります(逆もまた真なりですが)。なので、口げんかでは勝ったり負けたり、もしくは引き分けになる相手の方が、お互いに仲良くけんかも続けられそうです。

(27)ごめんなさいが言える人

好きなタイプの話をしていると、良く出てくるのがこの言葉です。謝ることができない相手とは関係を築くことができないと考えている方は少なくないようです。

(28)運動をしている人

運動が好きかどうか、健康に気を使っているかも見過ごせないポイントです。アウトドア派かインドア派かも、デートする時の好みが分かれるので、気にされる方もいました。

(29)友達が多い

相手とのお付き合いが始まると、二人だけの世界ではなく相手の交友関係ともお付き合いが始まります。そのため常日頃から友人の話が会話に出る人は安心するという方もいます。一方、友達付き合いが多すぎて、恋人よりもそちらを優先しすぎることに不満を覚える方もいます。友人の付き合い方とのバランスも大切です。

(30)両親を大切にしている

相手が相手の両親を大切にしているか。これを最重要に挙げられる方もいます。少なくとも親に感謝の気持ちを持っていない人は、周りの何に対しても感謝はできないということをおっしゃられていました。両親でなくても周りに感謝の気持ちを持てる人ということは、多くの方にとって重要になりそうです。

まとめ

求める条件は人によってそれぞれです。そしてもちろん自分で決めた条件だけに縛られて、せっかくの出会いを見逃しても困りものです。ですが、いくつかの優先順位が自分の中でまとまれば、自分の条件に合う人が集まりそうな婚活の場を探すことができます。

条件を整理することは、周りの人が見逃しやすい相手の良さを発見するための心構えでもある。そんなつもりでまずは気軽に自分だったらこういう部分に共感するなとか、こんな人だったら結婚生活もイメージしやすいなど、思い描いてみるのはいかがでしょうか?

きっとそれが、幸せな出会いを引き寄せてくれますよ。

婚活情報
寺社コン  寺社好き男女の縁結び企画。12年間で500人以上が結婚し、主催者もここで出会った人と結婚しています。同じ趣味の人と出会えるため、初対面でも話がしやすいことが特徴です。ただし知識は不要ですが寺社に興味がない方の参加はお断りしています。
結婚相談所とは何か? 成婚率57.3%のブライダルチューリップ  結婚相談所のサービスを細かく比べると、名前の知られた大手のほとんどは入会費や月会費で稼ぐモデルになっています。会費を抑えて成婚料で収入を得る結婚相談所は入会者を結婚まで導かないと儲からず、大手より遥かに手厚いサポートが受けられます。

\ SNSでシェアしよう! /

寺社コンの注目記事を受け取ろう

婚活の条件

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

寺社コンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 結婚相手の決め手に必要な3要素のバランス

  • 恋愛でさりげなく相手の心に響く7つの言葉

  • 冬だからこそ行きたい東京の穴場デートスポット5選

  • 婚活男性が恋愛対象外の女性とみなす5つの条件

  • 無口で不愛想な人が、恋愛感情を表現するのに必要な3つの考え

  • 焦り過ぎな40代男性が、ゆっくり婚活する7つの心構え