寺社コン.COM  
 
 
 
 
 
 
 


寺社コン はひふへ本光寺模擬仏前結婚式コン2(千葉)

 

■募集要項

 お寺好き・神社好き男女の縁結び・婚活を目的とした、仏前結婚式体験コンを開催します!

 ある調査によると、日本の結婚式はキリスト教式が58%、人前式が24%、神前式が16%、仏前式が1%だそうです。

 しかし、私自身もお寺で結婚式を行いましたが、これは非常に感動します。これが周りに知られていないのはもったいない!

 ということで、私が結婚式を挙げた本光寺さんで、模擬仏前結婚式を行わせて頂くことになりました。

 仏前結婚式とは何か? どんな意義があるのか? そして流れはどのようなものか? それを体感するプログラムになっています。

 ちなみに私の仏前結婚式の様子はYou Tubeで配信していますので、お寺での結婚式ってどんなもの? と、思われる方は一度ご覧になってみて下さい。



 ちなみに会場の本光寺も、YouTubeの衝撃的なCMで話題のお寺。ネット動画でも寺社コンでも「お寺ってな〜に?」と、問いかけて下さいます。



 しかしもちろん、真面目なお寺です。本光寺さんで通常行われている仏前結婚式の作法を、ご住職に説明いただきながら体験してみます。そしてうちとけたあとは懇親会を行います。なお、懇親会は新松戸または西船橋近辺に移動して行う予定です。

 参加条件は

 ・ 独身で彼氏、彼女がいないこと
 ・ まじめな出会いを意識していること
 ・ お寺・神社が好きであること

 同じ趣味の人が集まりますので、初対面でも毎回とても話しやすい会になっています。逆に言えば、お寺や神社に全く興味がないという方の申し込みはご遠慮下さい。お寺や神社が好きと言っても知識は特に必要なく、興味さえあれば大丈夫です。

 ご興味のある方の参加をお待ちしています。

【企画内容】

 日時 :2014年10月25日(土)
 集合 :JR武蔵野線「市川大野駅」 14時00分
 会費 :4000円(模擬仏前結婚式体験料込み)。交通費、その他、諸費用は各自。懇親会は別途4000円前後。

 参加人数 :10対10くらいを予定しています。

【お申し込み方法】

 参加ご希望の方は以下のフォームにて、お申し込み下さい。

  寺社コン申し込みフォーム

【注意事項】

 当企画に関してのお問い合わせは、寺社コンまでご連絡下さい。お寺や神社などへの直接の連絡はご迷惑となりますので、お控え頂けますようよろしくお願いいたします。

■寺社コンレポート

快晴のはひふへ本光寺
快晴のはひふへ本光寺


 私が本光寺で結婚式を挙げたのは、2013年の10月。それから一年が経ち、またこちらで模擬結婚式寺社コンを行わせて頂くとは感無量です。

 果たしてお寺での結婚式とはどんなものか? 参加される皆様も好奇心と不安とがないまぜなようで、とりあえず自己紹介をみんなでしてから、本堂へと上がらせて頂きました。

 最初にご住職から式次第が配られます。それによると雅楽の演奏(今回は録音したものが流されました)で始まり、開式の詞、勧請(仏様やご先祖様を呼ぶ)、読経などが住職によって行われます。
お坊さんによる仏前結婚式説明
お坊さんによる仏前結婚式説明


 そして念珠の授与。ここであらかじめくじで決めたカップルが順番に前に出て、それぞれ作法通りにお数珠を頂きました(すぐに返しますが)。

 さらにみんなで誓いの詞を読み上げ、三三九度を行います。

 三三九度は大中小の盃を、新郎新婦と式長(結婚式を取り仕切る住職)とで回しながら三度ずつ飲みます。

 この儀式は三という数字にこだわり、一つの動作をすべて三回ずつで行うため、意外と動きが大変です。そんなことも感じ取れたのではないでしょうか。
三三九度の練習です
三三九度の練習です


 そして最後に雅楽を流して終了です。そこからは質問タイム。

 「六曜(大安や仏滅など)は気にした方が良いの?」とか、「三々九度のお酒はどんな意味があるの?」など、様々な疑問が飛び交いました。

 また、参加者の中にはクリスチャン(お寺や神社もすごく好きだそうです)の方もいて、教会式の結婚式との違いなどでも議論は白熱。めったに見ることのない、お寺での結婚式について、理解も深まっていったのではないかと思います。

 そして場所を移して懇親会。道鏡(皇室に取り入り、権力をほしいままにしようとした奈良時代の僧侶)の頃からのお寺アレルギーが、今日の模擬結婚式で少し治ったという謎な発言があったり、好きな異性のタイプは大神神社の大物主大神(おおものぬしのおおかみ)という、神代からの片思いがあったり、なんというかはちゃめちゃです。

 さすがにお寺の結婚式を見てみたいという好奇心旺盛な方は、ひと味もふた味もいろいろと違うのかもしれません。

 願わくばここで生まれたカップルが、模擬ではない結婚式をお寺で挙げられますように。


BACKNEXT
HOME