寺社コン.COM  
 
 
 
 
 
 
 


寺社コン 川越八幡宮で古事記を学ぼうコン2(埼玉)

 

■募集要項

 お寺好き・神社好き男女の縁結び・婚活を目的とした、古事記を学ぼうコンを開催します!

 知っていると神社巡りが100倍楽しくなるのに、どこかとっかかりのつきにくい日本神話。興味はあったり、ちらほらと神様の名前は聞くんだけど、ストーリーをまとめて追ったりしたことはない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は川越八幡宮さんにお願いし、みんなで古事記を学ぶ講話を用意して頂きました。初めての方でも日本神話って何? という方でも、わかりやすくお話をして頂けます。

 そして今回のテーマは『出雲神話に学ぶ恋愛術』。平成25年は60年に1度の出雲大社正遷宮のお祝い年度に当たります。そこで上記テーマにて神話の世界にふれてみます。

 当日はまず、川越八幡宮で人気の良縁祈願を行い、40〜50分程度の気軽な解説で日本神話に親しんだ後、五百羅漢などで有名な川越のシンボルともいえる喜多院を拝観。そしてみんなでうちとけたところで懇親会を行います。なお、良縁祈願を受けた後、名前入りの良縁祈願札とストラップ御守りが授与されます。

 参加条件は

 ・ 独身で彼氏、彼女がいないこと
 ・ まじめな出会いを意識していること
 ・ お寺・神社が好きであること

 同じ趣味の人が集まりますので、初対面でも毎回とても話しやすい会になっています。逆に言えば、お寺や神社に全く興味がないという方の申し込みはご遠慮下さい。お寺や神社が好きと言っても知識は特に必要なく、興味さえあれば大丈夫です。

 ご興味のある方の参加をお待ちしています。

【企画内容】

 日時 :2013年2月2日(土)
 集合 :JR埼京線「川越駅」 13時00分
 会費 :6000円(良縁祈願祭・日本神話講話料込み)。交通費、拝観料、その他、諸費用は各自。懇親会は別途4000円前後。

 参加人数 :10対10くらいを予定しています。

【お申し込み方法】

 参加ご希望の方は以下のフォームにて、お申し込み下さい。

  寺社コン申し込みフォーム

【注意事項】

 当企画に関してのお問い合わせは、寺社コンまでご連絡下さい。お寺や神社などへの直接の連絡はご迷惑となりますので、お控え頂けますようよろしくお願いいたします。

■寺社コンレポート

縁結び祈祷
縁結び祈祷


 古事記。それは日本に伝わる古のロマン。しかし「馴染みがないな〜」という方が多いのも事実。

 そんなわけで企画してみました。川越八幡宮さんにお願いしての古事記講話。今回のテーマは出雲神話です。

 まずはみんなで集合し、川越八幡宮さんへと移動。そして自己紹介の後、縁結びの祈願をして頂きました。

 祝詞が奏上され、一人一人の名前が読み上げられ、お祓いや福鈴などもして頂き、気持ちが引き締まっていきますね。川越八幡宮は勝負の神様。恋愛というある意味で人生の勝負に向かい、参列された皆さんも心に期するものができたのではないでしょうか。
古事記講話
古事記講話


 そして古事記講話。今回のお話の主人公は、大国主命(おおくにぬしのみこと)です。

 出雲大社のご祭神であり、縁結びの神様。

 『稲葉の白兎』の話では多くの兄神たちの中から八上比売(やかみひめ)に選ばれ、須佐之男命(すさのおのみこと)の娘、須勢理姫(すせりひめ)には見初められ、高志の国(越の国=今の新潟県)の沼河比売(ぬなかはひめ)の家の前では恋歌を歌う。

 古代の話なのでいろいろと奔放なところはありますが、それだけにエネルギッシュでパワーを持った神様でもあるということ。

 そして神様が恋をしたからこそ、今の人間も恋ができる。恋は神様から授かったもの。そんなお話をして頂きました。
川越散策
川越散策


 そして最後は川越散策。今回は川越八幡宮の神主さんに、ガイドをして頂きました。

 太田道灌が川越城を作り、その技術で江戸城を作った。川越は江戸の母だという神主さんは、まさに生粋の川越っ子。

 喜多院前の道は寛永寺の参道に使われたというお話や、川越大火で日枝神社の本殿と喜多院の山門だけが残ったというお話など、まさに川越えを知り尽くした解説は楽しさ満載です。

 そして最後はみんなで懇親会。今回はお坊さんにも見学で来て頂いていたので、まさしく神仏習合の会となりました。

 しかし、懇親会で好きなタイプについてのお話が出たときに、「趣味が合わない人が良い」とのご意見が。それって、寺社コン思いっきり否定していませんか〜? ま、いろんな主義主張はあるものです。


BACKNEXT
HOME