寺社コン.COM  
 
 
 
 
 
 
 


寺社コン ボストン美術館展コン(名古屋)

 

■募集要項

 お寺好き・神社好き男女の縁結び・婚活を目的とした、散策コンを開催します!

 東京で行われたボストン美術館展。あまりにすごすぎて半泣き状態だった、曽我蕭白(そがしょうはく)の雲竜図。あの感動をもう一度ということで、名古屋で行われる『ボストン美術館 日本美術の至宝』に突入することにしました。

 もちろん、雲竜図のほかにも平安時代の「普賢延命菩薩像」や、海外に渡った二大絵巻「平治物語絵巻」「吉備大臣入唐絵巻」、狩野探幽や尾形光琳、伊藤若冲の絵など、思わず目がくらむこと間違いなし!

 これらの超貴重な美術の数々を楽しみながら、みんなでうちとけたところで懇親会を行います。なお、懇親会は金山駅または名古屋駅周辺に移動して行う予定です。

 参加条件は

 ・ 独身で彼氏、彼女がいないこと
 ・ まじめな出会いを意識していること
 ・ お寺・神社が好きであること

 同じ趣味の人が集まりますので、初対面でも毎回とても話しやすい会になっています。逆に言えば、お寺や神社に全く興味がないという方の申し込みはご遠慮下さい。お寺や神社が好きと言っても知識は特に必要なく、興味さえあれば大丈夫です。

 ご興味のある方の参加をお待ちしています。

【企画内容】

 日時 :2012年11月23日(金・祝)
 集合 :JR中央本線「金山駅」 14時30分
 会費 :4000円。交通費、拝観料、その他、諸費用は各自。懇親会は別途4000円前後。

 参加人数 :5対5くらいを予定しています。

【お申し込み方法】

 参加ご希望の方は以下のフォームにて、お申し込み下さい。

  寺社コン申し込みフォーム

【注意事項】

 当企画に関してのお問い合わせは、寺社コンまでご連絡下さい。お寺や神社などへの直接の連絡はご迷惑となりますので、お控え頂けますようよろしくお願いいたします。

■寺社コンレポート

名古屋ボストン美術館
名古屋ボストン美術館


 東京国立博物館でのボストン美術館展に魅入られて、曽我蕭白の雲竜図をもう一度見てみたいと作ったこの企画。

 展示内容は前期・後期で別れており、前期の時にも企画したのですが、その時には男性参加者が集まらずに無念の中止。

 しかし後期展示の今回は、なぜか団体割引まで適用出来てしまうほどに参加者が集まる人気ぶり。

 前回中止した日に、私にとって今後を左右するような運命的な出会いがあったので、実はこの日は大切なことがありますよという何かのお導きがあったのかもしれません。

 しかし本当のところ、この前後期での人気の差は一体何事なのかよく分からず。まあ、とりあえず大勢でワイワイ楽しく行こうと、私にとっては初の名古屋ボストン美術館へとGOです。
企画展の看板
企画展の看板


 そんなわけで最初に自己紹介をして、みんなで美術館へと入っていきます。

 そこにはずらりと並ぶ、至宝の数々。特に絵画系の充実度は目もくらむほどです。

 いやー、すごいな。日本美術。「平治物語絵巻」「吉備大臣入唐絵巻」の二大絵巻は後半部のみの展示のため、前半はどんな内容だったかを一緒に見ながらお話したり。そしてやはり雲竜図の前では足を止めて見入ったり。

 あの力強さとどこか戸惑うひょうきんさを同居させた龍のうねり。果たしてこれが人生最後の見納めになるのか。そんなことを想いながら、ボストン美術館展を後にするのでした。
秘密の懇親会
秘密の懇親会


 そして懇親会は名古屋方面へと移動して、お店に入ります。

 この日、最初に盛り上がったのは大豊。野球の話です。さすが名古屋と言うか、一部で熱いトークが繰り広げられていました。

 ついでに大豊のことをネットで調べてみたら、元女優の奥さんと結婚して阪神時代の野村監督から、「(野球ではどんな球でもバットを振るのに)女の子をみる選球眼は何でいいんだ」とからかわれたとのこと。あやかりたいものですね。

 そして次に出てきたのが、伊勢の美味しいもの。伊勢うどん、赤福のかき氷、おかげ横丁の干物屋さんなど。これまた皆さん、詳しいこと。伊勢に日帰りできるというのも、うらやましい環境です。

 そんなわけで、今回は土地柄が出たと言うのか。(私が話に加わったテーブルでは)名古屋のお話でたくさん盛り上がっていました。


BACKNEXT
HOME