寺社コン.COM  
 
 
 
 
 
 
 


寺社コン はひふへ本光寺写経コン3

 

■募集要項

 お寺好き・神社好き男女の縁結び・婚活を目的とした、写経コンを開催します!

 写経に興味のある方はいませんか? 静かに筆を取り、じっくりと自分と向き合う写経。忙しい毎日の中での癒しとして、また最近は脳の活性効果なども注目を浴びており、初心者でも気軽に体験することができます。

 そして今回ははひふへ本光寺での写経コン。

 そもそもはひふへ本光寺とは? なんで「はひふへほ」が付くのか? その答えは下の動画を見てください。



 しかしもちろん、真面目なお寺です。その本光寺の写経会 に参加し、住職を囲んでみんなでお話をします。そしてうちとけたところで懇親会を行います。なお、懇親会は新松戸または西船橋近辺に移動して行う予定です。

 参加条件は

 ・ 独身で彼氏、彼女がいないこと
 ・ まじめな出会いを意識していること
 ・ お寺・神社が好きであること

 同じ趣味の人が集まりますので、初対面でも毎回とても話しやすい会になっています。逆に言えば、お寺や神社に全く興味がないという方の申し込みはご遠慮下さい。お寺や神社が好きと言っても知識は特に必要なく、興味さえあれば大丈夫です。

 ご興味のある方の参加をお待ちしています。

【企画内容】

 日時 :2012年5月12日(土)
 集合 :JR武蔵野線「市川大野駅」 13時30分
 会費 :4000円(写経体験料込み)。交通費、その他、諸費用は各自。懇親会は4000円前後。

 参加人数 :10対10くらいを予定しています。

【お申し込み方法】

 参加ご希望の方は以下のフォームにて、お申し込み下さい。

  寺社コン申し込みフォーム
【注意事項】

 当企画に関してのお問い合わせは、寺社コンまでご連絡下さい。お寺や神社などへの直接の連絡はご迷惑となりますので、お控え頂けますようよろしくお願いいたします。

■寺社コンレポート

光胤山本光寺
光胤山本光寺


 今回は寺社コンにもさらなる刺激をということで、恋愛相談コンテンツを製作されている会社のK社長に、特別ゲストとしてお越し頂きました。

 まあ、もともとはフェイスブックでその社長さんが、寺社コン見学してみたいとつぶやかれていたので、そんじゃ〜来て来てとお願いしたわけですが。

 そのおかげで今回はものすごく深い寺社コンになりました。さすがに恋愛に関する洞察も鋭く、参加された皆さんにはかなりの気付きを得た方もいるのではないでしょうか?

 私自身、多くのことが学べましたし、また議論をする中でいろんな考えを整理したり引き出したりでた時間でした。
みんなで写経中
みんなで写経中


 ということで、まずは写経から。

 始めに市川大野駅に集合し、本光寺へと移動して自己紹介。そしてお寺に入って本光寺の尾藤住職が写経の説明を行い、一斉に写経スタート。黙々と、真剣に。みんなで写経用紙に法華経を書き写していきます。

 そして終わった方から茶話会に入り、お茶をしながら和気あいあい。みんなで本堂の仏様を見に行ったり、外に出てお参りしたりと、お寺探検も楽しく行ってきました。

 また、先日に私がこちらで御朱印の取材をさせて頂いたせいか、今回は御朱印帳を持ってきた方がたくさんいました。

 本光寺特製の「良縁」御朱印や、「南無妙法蓮華経」が書かれた御首題など、中にはフルセットで頂いている方もいるほど。本光寺の御朱印、大人気ですね〜。
手を合わせて縁結び祈願
手を合わせて縁結び祈願


 そして、お寺を後にして、懇親会。

 冒頭のK社長は、実はその世界では超が付くほどの有名な方。実際に話していても常人の30倍くらいと思えるような、すごいパワーと熱意が伝わってきます。

 多くのお話をされていましたが、全員が一番の人気者を追いかけても手に入れられる人は限られる。自分が異性からどう見られているかも振り返ってみるとのお話は、心に痛いものを感じながらも印象に残りました。

 また、私も普通の人で良いというワナについてお話させて頂きました。「普通に」優しくて、「普通に」話ができて、「普通に」見た目が悪くなくて、「普通に」歳が近くて、「普通に」「普通に」「普通に」……。

 一つ一つの条件は厳しくなくても、どれか一つ合わなければ切ってしまう減点法の恋。特に結婚を強く意識する女性ほど、無意識化でこの傾向があるようです(あくまで、傾向です)。

 K社長からの解決法は、譲れない点を3つ挙げておくこと。自分にとっての優先順位を明確化することで、誰も選べなくなる状況から抜け出せるそうです。あとは個人個人の踏み込み次第。積極的に行動できる人は恋愛も成就するし、人待ちな方はやはり難しい。

 そんなお話をしながら(もちろん、こんな真面目トークばかりじゃなかったですが)、夜は更けていきました。


BACKNEXT
HOME