寺社コン.COM  
 
 
 
 
 
 
 


はひふへ本光寺唱題行コン2

 

■募集要項

 お寺好き・神社好き男女の縁結び・婚活を目的とした、寺社散策コンを開催します!

 唱題行というものをご存知でしょうか? これは日蓮宗独自の修行で、「南無妙法蓮華経」をひたすらに唱え続けるというものです。声を出し、一心に唱え続けることで精神統一を図ります。

 人にもよるかもしれませんが、普段の生活の中で一生懸命に声を出し続けることなどあるでしょうか? これは私も体験しましたが、すごいストレス発散になりますし、健康にも良さそうです。もちろん修行の一環ですので、心を磨くことも大切です。

 そして今回ははひふへ本光寺での唱題行コン。本光寺といえばYouTubeの衝撃的なCMで話題のお寺。ネット動画でも寺社コンでも「お寺ってな〜に?」と、問いかけて下さいます。



 しかしもちろん、真面目なお寺です。その本光寺の唱題行 に参加し、住職を囲んでみんなでお話をします。そしてうちとけたところで懇親会を行います。なお、懇親会は新松戸または西船橋近辺に移動して行う予定です。

 参加条件は

 ・ 独身で彼氏、彼女がいないこと
 ・ まじめな出会いを意識していること
 ・ お寺・神社が好きであること

 同じ趣味の人が集まりますので、初対面でも毎回とても話しやすい会になっています。逆に言えば、お寺や神社に全く興味がないという方の申し込みはご遠慮下さい。お寺や神社が好きと言っても知識は特に必要なく、興味さえあれば大丈夫です。

 ご興味のある方の参加をお待ちしています。

【企画内容】

 日時 :2012年2月19日(日)
 集合 :JR武蔵野線「市川大野駅」 14時00分
 会費 :4000円(唱題行体験料込み)。交通費、その他、諸費用は各自。懇親会は4000円前後。

 参加人数 :10対10くらいを予定しています。

【お申し込み方法】

 参加ご希望の方は以下のフォームにて、お申し込み下さい。

  寺社コン申し込みフォーム

【注意事項】

 当企画に関してのお問い合わせは、寺社コンまでご連絡下さい。お寺や神社などへの直接の連絡はご迷惑となりますので、お控え頂けますようよろしくお願いいたします。

■寺社コンレポート

本光寺のお雛様
本光寺のお雛様


 娘さんが3人いる本光寺はお雛様の季節。市川大野駅に集合してみんなで本光寺へと移動すると3人それぞれにお雛様が飾られ、お寺の中はちょっとした雛人形展のようになっていました。

 中でもちょっと変わっていたのが、白いお雛様。純白のウエディングドレスのようで、みんなで写真を撮りまくり。きれいですね〜。本光寺のお子さん達が、健やかに育ちますように。

 そんなことを想いながら、早速本堂へと移動して、唱題行が始まります。

 唱題行は「南無妙法蓮華経」を唱える修行です。住職の声にあわせて、みんなで一心不乱に唱え続けます。最初はゆっくりとしたリズムから、だんだんとテンポが速くなっていき、そして最後はまたゆっくりになっていく。
唱題行
唱題行


 文字で書くとあっという間ですが、それを40分ほど繰り返し続けるので、これが結構大変! だけど普段あまり声を出していない方には、きっとものすごく気持ちがすっきりする、楽しい修行でもあります。

 しかも開始時の室温が10度だったのが、終わってみると13度。みんなの熱気がお堂の中まで温めてしまいました。これはびっくりするほどのエネルギー量です。これからの省エネ対策は、唱題行でいきましょう。

 そしてご住職の法話は合掌についてでした。右手は仏様を表し、左手は私たちを表す。自分を振り返り、相手を敬うのが合掌とのこと。合掌は握り締めているものを手放さなければならず、それは異性への理想についても言えるとのことです。

 一度全ての思い込みを手放して、まっさらな状態で相手を見てみる。合掌を解いたあと、もう一度同じものを掴んだとしても、それはそれで良いそうです。一度手放し、再度選択するプロセスが重要ということでしょうか。
四柱推命
四柱推命


 そして今回は本光寺さんがスペシャルゲストを呼んで下さっていました。なんと、四柱推命ができるお坊さん。

 男性も女性も、みんなが殺到して占って頂きました。あまりにみんなで押し寄せたので、一人3分ほどの占いになってしまったのが残念なところ。もうちょっと時間を用意しておけばよかったですね。でも、みなさんすごく喜んで下さいました。

 もちろんその間に、ご住職を囲んでのお茶タイムも充実。お雛様の話題や恋愛相談などで盛り上がりました。

 本光寺を後にすると、懇親会は白熱模様。最初は男女が別れ気味だった中、本光寺や懇親会までの移動で、積極的に男性に話しかけて下さる女性がいて、おかげですごくうちとけるようになりました。

 しかもこの日は一人、ものすごく酔ってしまった女性がいて、懇親会後にみんなでカラオケに避難したのですが、最後まで助けて下さったのもその方。本当に寺社コンはお寺・神社の方にも、参加された方にも助けられて成り立っているものだと、実感した夜でした。


BACKNEXT
HOME