寺社コン.COM  
 
 
 
 
 
 
 


圓融寺写経コン

 

■募集要項

 お寺好き・神社好き男女の縁結び・婚活を目的とした、写経コンを開催します!

 写経に興味のある方はいませんか? 静かに筆を取り、じっくりと自分と向き合う写経。忙しい毎日の中での癒しとして、また最近は脳の活性効果なども注目を浴びており、初心者でも気軽に体験することができます。

 そして今回は特別企画! お坊さんが作るフリーペーパーで話題のフリースタイルな僧侶たちとの共同企画です。圓融寺の写経会 に参加し、圓融寺の副住職を囲んでみんなでお話をします。そしてうちとけたところで懇親会を行います。なお、懇親会は目黒駅近辺に移動して行う予定です。

 参加条件は

 ・ 独身で彼氏、彼女がいないこと
 ・ まじめな出会いを意識していること
 ・ お寺・神社が好きであること

 同じ趣味の人が集まりますので、初対面でも毎回とても話しやすい会になっています。逆に言えば、お寺や神社に全く興味がないという方の申し込みはご遠慮下さい。お寺や神社が好きと言っても知識は特に必要なく、興味さえあれば大丈夫です。

 また写経道具は全てお寺に用意されていますので、手ぶらで参加可能です。

 ご興味のある方の参加をお待ちしています。

【企画内容】

 日時 :2010年9月4日(土)
 集合 :東急目黒線西小山駅 13時30分
 会費 :3000円(縁)。その他、諸費用は各自。懇親会は4000円前後。

 参加人数 :10対10くらいを予定しています。

【お申し込み方法】

 参加ご希望の方は以下のフォームにて、お申し込み下さい。

  寺社コン申し込みフォーム

■寺社コンレポート

フリースタイルな僧侶たち
フリースタイルな僧侶たち


 さてさて。何から話しましょうか。

 集まったメンバーは男性24名、女性26名。これまでの寺社コン最大人数を軽く2倍以上更新する異常事態です。

 そもそもの発端は、朝日新聞とAll About Japanで寺社コンが紹介されたこと。それに合わせてツイッターでつぶやいたら、際限なくリツイート(引用つぶやき)されたこと。

 まさに盆と正月と花祭りが一緒に来た感じでした。

 集合は目黒線西小山駅。お坊さんがスクーターに乗った表紙が目印の『フリースタイルな僧侶達フリーペーパー』を掲げ、参加者一同をご案内です。
阿副住職による法話
阿副住職による法話


 そして今回さらに忙しくなったのは、テレビ局の取材が入ったこと。

 実はこれまで何度か来たテレビ取材はお断りしていたのですが、今回は参加人数が多くて取材協力者が得られそうだったのと、テレビ局の方とは事前に約束事項も交わせたので、お受けすることにしました。

(本当に、テレビ取材にご協力頂けた皆さんには、大感謝です!!)

 お寺に着くと圓融寺さんでは、「暑い中良く来たね〜」とお茶を出して頂き、ほっと一息。席に着き、今回の企画に全面協力頂いた阿副住職の法話が始まります。

 これがまた、良い話なんだな〜。参加者も大絶賛! 『随縁(ずいえん)』というキーワードが出ましたが、仏教では時系列に沿った縦のつながりが「因果」、それに対して同時間の横のつながりが「随縁」(と、話を聞いた私の理解なので、正確じゃないかもしれませんが)。

 現代社会では目標を持ち、それに向かって物事を進めていく、因果的な縁は非常に重要視されるものの、逆に突発的に入る随縁的な縁は、予測の付かないもの、目標に向かう上で手間にしかならないものとして、敬遠される傾向にある。

 しかし、しばし荷を下ろして写経をし、今だけに集中したときにふっと周りに現れた縁(まさに写経コン!)は、非常に大切なものに成り得るとのことでした。
般若心経を写経
般若心経を写経


 法話が終わると、いよいよ写経。お経を唱え、墨をすり、みんなで般若心経を書き写します。

 後で話を聞くと、墨をするなんて生まれて初めてという方や、硯に水を入れすぎてどれだけすっても薄墨にしかならなかったという方。

 最初は頑張ったけど後半バテたという方、2時間近くかけても終わらず持ち帰りとなった方など、まさに写経も様々な様子でした。

 写経が終わった方は別室に案内されて、随時茶話会。鯉が泳ぐ庭園を眺めながら、お茶とお菓子でまったりです。ここでも大人気の阿副住職は、参加者に囲まれて質問責めされていました。

 そして時間がきたので、目黒へ移動。50人の壮絶なバトルが始まる。少なくとも私にとっては壮絶なバトルだ。

 とりあえず全員とは話そうと、あっちこっちのテーブルを飛び回りましたが、おかげでご飯を食べる暇がほとんどなかった(その割に、酒だけは注がれる……)。でも皆さん、本当に良い方ばかりで、最高に楽しい時間になりました。

 しかも前回、大人数(22名)でやったときには、その中から一ヵ月半で結婚が決まったカップルがいたので、大人数はそれだけでも良い兆しじゃないかと、勝手にワクワク。オフィシャル? な、2次会・3次会もありましたが、それ以外での2次会もいろいろあったようで、これは期待値高いです!

 しかし驚愕の随縁がここに一つ。なんと参加者に私の中学時代の同級生のお兄さんがいたのです。しかもお互い、知らなかった。しかもそれを知ったら、「ほーりーの同級生の兄です」が口癖となった。やべー、面倒くせぇ!!

 随縁、随縁と心の中で念じつつ、この黒歴史を抹殺にかかる私なのでした(って、ネタにしてる時点で、ぜんぜん抹殺できてないけど)。


BACKNEXT
HOME